実況芸

ABOUT 実況芸とは

目の前にないものを見えているかのように実況で表現する話芸で、実況芸という言葉は清野茂樹のオリジナル。古舘伊知郎「トーキングブルース」に追いつくためにイベントを積極的に企画・開催している。

清野茂樹

1973年兵庫県神戸市生まれ。青山学院大学卒業後に広島エフエム放送入社。2006年に独立するとプロレス・格闘技実況の道に進み、2015年には新日本プロレス、WWE、UFCという世界3大メジャー団体の実況を史上初めて達成する。実況芸を企画し、落語、活弁、ラップ、音楽など異業種のプロフェッショナルとコラボレーションする「実況界のトップランナー」である。

RECENT MOVIE 最新の動画

Session 11

U-zhaanと清野茂樹

タブラと実況で自由な表現をしたらどうなる?

2021年8月7日に青山月見ル君想フにて開催されたセッション第11弾「U-zhaanと清野茂樹」からの映像。セッションの相手は日本を代表するタブラ奏者のひとり、U-zhaan(ユザーン)。インドに伝わる民族楽器タブラの皮を締め直す様子を実況したり、即興演奏をする様子を実況したりなど、誰も見たことのないライブを5分に凝縮して公開。

L O A D I N G